便秘を治す方法

オリゴ糖って何?

最近スーパーなどでも頻繁に見かけるようになったのが”オリゴ糖”です。お砂糖の仲間なんだけど、健康に良く、太らないということでダイエットや生活習慣病で糖質制限をしている人でも使えると大きな話題になっています。

 

 

では、どうしてオリゴ糖は甘いのに糖質制限をしている人でも摂取できるのでしょうか?

 

 

普通お砂糖や炭水化物は小腸から吸収されて血液内でブドウ糖や脂肪酸に分解、再合成されていきます。ところが”オリゴ糖”は小腸で吸収されず、大腸まで届き乳酸菌やビフィズス菌、酵母の餌となって腸内環境を良好にするために働いてくれる糖分なんです。

 

 

小腸で吸収されにくいので血液中で脂肪酸に再合成されることもないので「太らない糖質」ということになります。

 

 

また、人間の免疫機能はその6割を腸に依存していると言われています。そして腸内の免疫機能に大きく貢献しているのが”乳酸菌”や”ビフィズス菌”、”酵母”などの「善玉菌」と呼ばれる細菌類です。

 

 

大腸内ではこれら善玉菌の連合軍と”大腸菌”や”サルモネラ菌”などの「悪玉菌」連合軍とのせめぎ合いが日々繰り返されています。

 

 

悪玉菌連合が便や腸壁などのタンパク質を餌にして増えていくいのに対し、善玉菌連合は「糖分」を餌にしているため、腸内の善玉菌を増やすためには善玉菌を食事や間食、サプリメントなどで補給するか、大腸まで糖分を送り届けるかのどちらかが必要となります。

 

 

そこで、小腸では吸収されにくい「オリゴ糖」を食事や間食で摂れば確実に腸まで届いてくれるので、腸内の善玉菌を効果的に増やすことができるというわけです。

 

なぜ、オリゴ糖で便秘が解消されるの?

女性の三人に一人が悩まされていると言われているが「慢性便秘」です。

 

 

慢性便秘とは3日以上便が出ない日が頻繁に起こるれっきとした「腸の病気」です。便には悪玉菌が取り付き、そのタンパク質を餌にしながら人体に有害なメタンガスを発します。このメタンガスが腸内の健康な細胞を破壊し、さらに腸から吸収されて血液にのって全身を巡り健康な細胞を攻撃して回るのです。

 

 

この悪玉菌の天敵が善玉菌なのですが、善玉菌は糖質を餌にして炭酸ガスを発します。”炭酸ガスは腸壁を刺激して腸の活動を活発にし、便秘を解消してくれる”のと同時に血管を丈夫にする作用があるので、腸壁から吸収された炭酸ガスが血管を修復しながら全身をめぐるため、健康に良いとされているのです。

 

 

小腸で吸収されにくいオリゴ糖なら大腸にいる善玉菌の餌として最適というわけです。

 

オリゴ糖関連商品、買うなら日本一売れている「カイテキオリゴ」!

オリゴ糖がどうして健康に良いのか?についてはこれまでの説明でお分りいただけたと思います。ではオリゴ糖と銘打った商品ならなんでもいいのか?と聞かれたらちょっと待って!

 

 

オリゴ糖は機能性食品ですから、品質がとても大切!安心・安全な商品選びをおすすめします。

 

 

そこで、今回おすすめしたいのが今日本一売れているオリゴ糖関連商品の「カイテキオリゴ」です。

 

 

「カイテキオリゴ」は特許申請した独自製法「EOS理論製法」で作られている他とはちょっと違うオリゴ糖なんです。

 

 

実はオリゴ糖には幾つかの種類があって、種類が違えば効果も変わってきます。EOS理論製法とは複数のオリゴ糖を最適なバランスでブレンドしているので、単一のオリゴ糖よりもさらに善玉菌の餌として好まれるように工夫して作られた”スーパーオリゴ糖”なのです。

 

 

また熱にも強いのでお料理やコーヒーや紅茶用の甘味料としてもお使いいただけます。

 

 

いつものお砂糖を「カイテキオリゴ」に置き換えて、辛い便秘とさようなら!してみませんか?

 

>>カイテキオリゴ お試し【最安値】公式サイトはこちら<<